Windows10にneologdを入れて使ってみる

MeCab
NEologd

前準備

  1. コマンドプロンプトを立ち上げます。
  2. gitコマンドが入っていなければインストールしましょう
  3. 7zipを解凍しますので、7zコマンドを使えるように7zipをインストールしましょう。

neologd本体のダウンロード

git clone --depth 1 https://github.com/neologd/mecab-ipadic-neologd.git

辞書ファイルの展開

cd mecab-ipadic-neologd\seed
7z X *.xz

辞書ファイルのコンパイル

以下コマンドでできます。

mecab-dict-index -d "MeCabの「ipadic」フォルダまでの絶対パス" -u コンパイル後のファイル名 -f utf-8 -t utf-8 辞書のCSVファイル

「辞書のCSVファイル」は、先程解凍した7zから出力されたものです。
実際に dir でファイル名を確認しましょう。

私の環境だと、以下のような感じになりました。

mecab-dict-index -d "C:\Program Files (x86)\MeCab\dic\ipadic" -u neologd.20190722-u.dic -f utf-8 -t utf-8 mecab-user-dict-seed.20190722.csv

mecabrcファイルの編集

先程作った「neologd.20190722-u.dic」ファイル(例)を、MeCabに認識させます。
まず、「neologd.20190722-u.dic」ファイルを、dicフォルダの中に入れます。
dicフォルダは、MeCabのインストールフォルダの中にあります。
(例:C:\Program Files (x86)\MeCab\dic

次に、mecabrcファイルを編集します。
mecabrcはetcフォルダのなかにあります。
(例:C:\Program Files (x86)\MeCab\etc

そして、userdicのパラメータを以下のように変更します。

userdic = C:\Program Files (x86)\MeCab\dic\neologd.20190722-u.dic

これで準備OKです。