scoopのinstall先を変更する

scoop

Windowsのバージョン管理ツール「scoop」ですが、
デフォルトのインストール先は、C:\Users\<ユーザー名>\scoopに入れられます。

ちょっとうざいので変えます。

環境変数を追加

Windowsキー + Breakeキーを押し、「システム」画面を表示します。
(または、Windowsキー+Eを押し、「PC」を表示、なにもないところを右クリック→プロパティ)

「システムの詳細設定」をクリック

「環境変数」をクリック

ユーザ環境変数に以下の値を追加します。

  • 変数名: SCOOP, 値: (例えば)F:\scoop\
  • 変数名: SCOOP_GLOBAL, 値: (例えば)F:\scoop\

scoopをインストール

Power shellで以下のコマンドを実行し、インストールを行います

iex (new-object net.webclient).downloadstring('https://get.scoop.sh')

以上