RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)の種類

HDD
RAID
インフラ

RAID 0

2つのHDDを分散させて高速化

RAID 1

2のHDDに全く同じデータを書き込む

RAID 5

4台以上の複数のHDDで組む。
1つのデータを分割(例えばA、B、Cに分ける)し、それらを2つ以上のHDDに保存する。
なので、HDDが1台故障しても、欠陥なくデータを復旧できる。

RAID 6

RAID 5に、プラス予備用にHDDを増やすイメージ。ようわからん。

RAID 10(十ではなくイチゼロ)

RAID 1を複数用意するイメージ。
RAID1を2台で作っていたら、RAID 10にする場合は4台、
RAID1を3台で作っていたら、RAID 10にする場合は6台、
必要にということになる。

Nな人
とあるWebアプリケーション開発企業で働くしがないエンジニア見習い。
好き嫌いは激しいが、いろんなことが知りたい。
最近はPHPをメインに書いているが、初めて触った言語はActiveBasicで動くN88BASICという、超古典的言語。
BASICとperlをこよなく愛するP言語エンジニア。
よしなにお願いいたします。