「docker-syncでホスト-コンテナ間を爆速で同期する」の勝手な補足

docker

元記事

docker-syncでホスト-コンテナ間を爆速で同期する

なんのための記事?

上記、元記事だと動かなかった部分があったので、その部分を踏まえ、
実行コマンドだけ抜き出したりしました。

インストール

gem install docker-sync
brew install fswatch
brew install unison

「docker-sync.yml」を作る

version: '2'
syncs:
  sync-volume:
    src: './path/to/mount/'    # mountするvolumeフォルダのパス

「docker-compose.yml」を変更

既存docker-compose.ymlの場合は、「volumes」項目のホストOS側のマウント先(「volumes」)の項目を、
先程作ったdocker-sync.ymlの定義名(今回だと「sync-volume」)に変更します。

volumes:
      - sync-volume:/var/www/html/

起動

docker-sync start # docker-syncで同期開始
docker-compose -f docker-compose.yml up -d

アクセス権エラーが出る場合

コンテナにアクセスし、エラーが出ているフォルダをchmodする。
CakePHP3の場合は、「tmp/」「logs/」を777にすれば動いた。

Nな人
とあるWebアプリケーション開発企業で働くしがないエンジニア見習い。
好き嫌いは激しいが、いろんなことが知りたい。
最近はPHPをメインに書いているが、初めて触った言語はActiveBasicで動くN88BASICという、超古典的言語。
BASICとperlをこよなく愛するP言語エンジニア。
よしなにお願いいたします。