古いUbuntuでapt-get updateが通らない問題の解決方法

執筆日:
この記事の目次
chevron_right 事象
chevron_right 通常
chevron_right 今回の成功例
chevron_right 参考

事象

古いサービスで、古いUbuntuOSのapt-get updateが通らなくなった。
これは、パッケージ管理のURLがアーカイブに変わったからのようだ。
なので、パッケージの取得先を変えてあげればOK

通常

こちらの記事を参考に、

$ rm /etc/apt/sources.list
$ echo "deb http://archive.debian.org/debian-security jessie/updates main" >> /etc/apt/sources.list.d/jessie.list
$ echo "deb http://archive.debian.org/debian jessie main" >> /etc/apt/sources.list.d/jessie.list

で行けそうなのだが、今回の案件は古いMySQLとかも利用する。
このパッケージ群には古いMySQLがないようで、取得できずエラーになった

今回の成功例

CircleCIというCIのイメージ上で動作させるには以下のような書き方が必要だった。

$ rm /etc/apt/sources.list
$ echo "deb http://archive.debian.org/debian/ stretch main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list.d/jessie.list
$ echo "deb http://archive.debian.org/debian-security stretch/updates main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list.d/jessie.list

参考

この記事を書いた人
Nな人(えぬなひと)。
Nは本名から取っています。
Laravelが大好きなPHPerで、WEBを作るときはLaravelを技術スタックに絶対推すマン。
PHP、Pythonと、昔はperlを書いていたP言語エンジニア。
最近はNimを書いたりしています。