Nな人のWebしるべ
arrow_backBACK

Laravel5.5のセットアップ

Laravel5.5

composerでプロジェクトフォルダを作成する

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel プロジェクトフォルダ名

composerでプロジェクトフォルダを作成します。

処理が終わると以下のようなフォルダ構成が作成されます。

image

Laravelの開発環境を起動する

コマンドプロンプト(cmd)などで、

php artisan serve

を実行すると立ち上がります。

http://127.0.0.1:8000

にアクセスしましょう。

image

こいつ、動くぞ……!

初期設定を行う

ひとまず、最低限の初期のセットアップを行います。

DBの設定を行う

MySQLはメンドイのでSQLiteにします。

MySQLを使いたい方はログイン情報を書いてください。

.envファイルを書き換えます。

.envファイルを開くと次のような項目があると思います。

DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=homestead
DB_USERNAME=homestead
DB_PASSWORD=secret

SQLiteを扱う場合は、以下に書き換えます。

DB_CONNECTION=sqlite

ちなみに、元の記述を残しておきたい場合は、先頭に#をつけるとコメントになりますので、それを使えばOKです。

タイムゾーンの設定

デフォルトでは、UTCになっているので、日本にしましょう。

app/config/app.phpを開いてください。

image

68行目付近のtimezoneを変更しましょう。

'timezone' => 'Asia/Tokyo'

アップロード先の変更

デフォルトでは、アップロード先のファイルが保存されるフォルダは

storage/appファイルの中になります。

しかしこのフォルダは外部から参照できません。

なので、外部から参照を行えるpublicフォルダにアップロード先を変更します。

config/filesystems.phpを変更します。

開くと以下のような記述が51行目付近にあります。

'public' => [
    'driver' => 'local',
    'root' => storage_path('app/public'),
    'url' => env('APP_URL').'/storage',
    'visibility' => 'public',
],

このurlの部分を変更します。

'public' => [
    'driver' => 'local',
    'root' => storage_path('app/public'),
    'url' => env('APP_URL').'/public',
    'visibility' => 'public',
],

ひとまずこんな感じでしょうか。

POSTED AT 2018-10-28 07:44:11
 
名前:Nな人
職種:多分エンジニア
好きなもの:P言語(perl, python, php)


Web系のエンジニアをやっているNな人という人物。
業務ではPHPをメインで扱っており、Silex、CakePHP3を主に利用しています。
あとは趣味でLaravelを触っていたり、インフラをオンプレでちょこちょこやってたりするおっさんです。